2007年9月30日 (日)

絶えない

いつの時代もあり続けるのだから不思議だ。

人類にとって必要なものなのだから

あり続けるのだと思う。音楽は、ずっと絶えない。

心をコントロールしたり、思いを軽くしたりと

絶大なる効果を生み出すものだ。

だからこそ、素晴らしいものがたくさん売り出されたら

良いのにと感じる。

機敏に

ものの評価するのは必要なことだと思うけれど

なかなかシビアなものだと感じる。

だけども、市場に出てシェアがあると確認できると

こぞって商品の開発に力をそそぐものだ。

しかし、力を注ぎすぎた作品でちょっときついものが

あるように思える。

力を注ぐのは、そっちではなくこっちですよと言えたら

良いのに、思ったりする。

敵対していたはずなのに

さきほどやっていたテレビ番組で、

敵対していたのにお互いの実力を分かり合って

仲間のような抱擁をしていた芸人さんがいた。

ゲームの間中笑いが止まらなかった。

こんな世の中、頑張っている自分に笑いを

与えてくれてありがとうと思った。

自分の中で、わだかまっていたものが少し軽くなった

ように思える。笑いは大切だ。

知っている

知らないのに、知っていると言い切る。

そして、なかなか時間をもてあましている。

どう言えば良いのか分からない。

自分より年上の人に仕事を引き継ぐというのは

難しいものです。

もっと、簡単なものだと思っていたけれどそうは問屋が

おろさないという感じですね。

心が折れないように頑張りたいです。

2007年6月30日 (土)

大掛かり

大掛かりな移動にはどうしても

その労力を想像し先に疲れてしまいます。

大きなものを動かす時も、ある程度の

重量に耐えられるものや、面積を置けるもの

などさまざまなもので求められるものがあります。

飛行機でも優待券などでかなり安く手に入ると

ありがたいものです。今はどこも競争がすごくて

料金の改定が激しいですね。利用者としては

とても良いと思うのですが、季節や休みによって

金額が違ったりすると、把握が難しくなってしまいます。

分かりやすいところも料金が安いところも

いいところはあるようです。

無料ブログはココログ